ETCカードにはこんな種類がある

ETCは有料自動車道を通行する場合の通行料金を自動的に支払うシステムです。

このシステムを利用する際に必要となるのがETCカードですが、ETC専用カードと一体型ETCカードがあります。

いずれもクレジットカード会社が発行するETCカードなのですが、専用カードの場合、ETCで利用した通行料金を精算するため「だけ」のクレジットカードです。

その他ショッピングや飲食等に利用はできません。

このETC専用カードの場合、法人用と個人用があります。

一体型ETC専用カードは、ガソリンを入れたりショッピングをしたり、通常と同じように利用できるクレジットカードで、さらに、ETCカードとして利用できるというカードです。

通行料金をはっきり他の費用と区別したいという場合には、ETC専用クレジットカードがいいでしょう。

通常利用するカードとして利用したい場合、一体型の選択となります。

頻繁にETCカードを利用するという方は、別にしておく方がいいかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。